上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも、トップを作り終えた たこやきです。たこ焼きではありませんよ。

今日は夏休みの宿題 above の【1】 の全訳と答えを書きます。

aboveってなんぞや?と思う人は今日はマメチシキで我慢してください。

あくまでも自分のやつなので模範解答ではありません。ご了承ください。

あと、全訳を書くと点が上がるっぽい(全訳はしなくてもよいが提出してもかまわないとaboveの宿題の最初に書いてある) 
でもところどころ変えて!そうしないと絶対怪しまれるから。 

◎マメチシキ

・初めての聖火リレーはべルリン五輪のときであるが、実はナチスが偵察のために考案したものだった。

やることが腹黒いですね。

・東京オリンピックの閉会式では選手入場の時、それぞれの国がばらばらになって登場してしまったが、かえって「さまざまな国が混ざっている」ということでなんか評判がよくなり、以後もやっている。

これはうろ覚えです。違っていたらご指摘ください。

それでは宿題の答えが気になる人は追記をクリック♪
【1】全訳 クソ長いです。

 世界で一番小さい鳥は何であろうか?
 もしあなたが一度もハチドリを見たことがないなら、あなたは推測できないであろう。この鳥は草の茎の上にとまれるほど小さいのである。
 生まれたての赤ちゃんは大きいハチ程度しかない。4ひきの赤ちゃんのハチドリを1つのスプーンの中に入れることさえできるであろう。
 ハチドリは世界で一番小さい鳥だけではない。それは唯一ヘリコプターのように飛べる鳥である。真上や真下にも飛べる。前方だけではなく後方にも飛ぶことができる。そして左右にも飛べる。
 この、鳥の中で最も小さい鳥は一番大きい鳥の分類のうちの一つに属する。ハチドリには300以上の種類がある。アメリカではこれらの違う種類の中の18種類しか見られない。
 多くのこれらの小さい鳥はそれらの羽でぶんぶんうなる音を作る。その理由のため彼らはその名をもらった。ハチドリの羽は速く動きすぎて、本当にそれらを見ることはできない。ハチドリは、花からえさを取る時に宙にぶら下がっているように見える。ハチドリにとって遠い場所に行くのは難しいことであろうか。少しもそうではない。ハチドリの一種は何千マイルもの距離を飛ぶ。それは秋には南に向かう。春には北に行く。その小さい羽根がハチドリを1分間に約1マイル運ぶのだ。
 あなたはこれほどの小さい鳥は大きい鳥をとても怖がると思うだろう。しかしハチドリは違う。その小さい鳥はその長いくちばしで抵抗する。ハチドリはワシでさえ抵抗するのだ。
 ハチドリは人の手から餌をもらうように訓練することもできる。問6それは砂糖と水からできたシロップを常食にするのが好きだ。
 ハチドリは2つの白い卵を産む。それらはだいたい小さい豆と同じくらいである。その子供たちは2週間のうちにふ化する。母はそれらを15分毎に餌を与える。約3週間でその赤ちゃんは巣を去る用意ができる。その若い鳥はほかの多くの鳥がするように巣から落ちることもなく、飛び去る。
 ハチドリはとても小さくて、とても勇敢である。また、それは最も美しい鳥でもある。問7それは人がそれを「飛んでいる花」と呼ぶほど美しい。
設問

1 答 

2 答 ハチドリはヘリコプターのように前後左右、そして上下に飛ぶことができる。

3 答  

4 訳参照

5 答 This bird is so small that it can sit on a stem of grass.

6、7 訳参照

8 答 It is beautiful enough to be called a flying flower.

問6はかなり自信がないです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mattariraifu.blog133.fc2.com/tb.php/28-b00e2106
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。